沖縄ダイビング 青の洞窟 ジンベイザメ シュノーケル 体験ダイビング contact

2011/01/22

キンギョハナダイ

キンギョハナダイ 大方洋二著 「もっと知りたい魚の世界」より キンギョハナダイの雌は全長九センチメートルほどで、全体が赤みを帯びたオレンジ色をしている。 雄は雌よりもひと回り大きく、体色はやや紫がかっているが、海中では尾 […]

続きを読む »

2011/01/21

幻の魚?

ハナヒゲウツボ 大方洋二著 『もっと知りたい魚の世界』より抜粋 ウツボ類の中で最近も美しいのがハナヒゲウツボで、輝くようなブルーの体に、黄色の背びれと顔が微妙なコンストラスト、口先に花びらのようかひげ(?)があるので、こ […]

続きを読む »

2011/01/15

ハリセンボン

写真はインターネットより 【ハリセンボン】 大方洋二著「もっと知りたい魚の世界」よりの抜粋 孤独な恥ずかしがり屋』 『日本に約60種いるフグ類の中で、ハリセンボンが特に人気が高い。 ハリセンボンが何かの陰でじっとしている […]

続きを読む »

2011/01/01

めでタイの話

謹賀新年、めでタイの話 「ふしぎな海の博物誌」中村幸昭著 からの抜粋 左目がきれいなタイは値が高い マダイは平素は30~150メートルの岩礁地帯に生息。 イワシ・イカ・マアジなど生き魚を専門に食べているが、 エビでタイを […]

続きを読む »

2010/12/30

ユニークな姿で可愛い、ハダカハオコゼ

大方洋二著 『もっと知りたい 魚の世界』 「ハダカハオコゼ」 ハダカハオコゼもカラーバリエーションが豊富な魚で通常は白であるが、雪みたいな白ではなく、アイボリーのような白で、そのほかにも黄緑、薄茶、黒褐色、ピンク、赤など […]

続きを読む »

2010/12/29

中睦まずしい、アカハチハゼ

《もっと知りたい魚の世界》大方洋二著よりの抜粋。 移転の際に何処に片付けたがわからなかったが、ショップの片付け中に見つけた。 サンゴ礁域のサンゴのかけらや小石が混ざるがれ場に生息し、いつも二匹でいる。 外見では区別がつき […]

続きを読む »